きりぎりす改版

新潮文庫 たー2-13 新潮文庫

太宰治

1974年10月2日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「おわかれ致します。あなたは、嘘ばかりついていました。…」名声を得ることで破局を迎えた画家夫婦の内面を、妻の告白を通して印象深く描いた表題作など、著者の最も得意とする女性の告白体小説『燈篭』『千代女』。著者の文学観、時代への洞察がうかがわれる随想的作品『鴎』『善蔵を思う』『風の便り』。他に本格的ロマンの『水仙』『日の出前』など、中期の作品から秀作14編を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

4

未読

11

読書中

2

既読

45

未指定

56

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください