山椒大夫/高瀬舟改版

新潮文庫

森鴎外

2006年6月30日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人買いのために引離された母と姉弟の受難を通して、犠牲の意味を問う『山椒大夫』、弟殺しの罪で島流しにされてゆく男とそれを護送する同心との会話から安楽死の問題をみつめた『高瀬舟』。滞欧生活で学んだことを振返りつつ、思想的な立場を静かに語って鴎外の世界観、人生観をうかがうのに不可欠な『妄想』、ほかに『興津弥五右衛門の遺書』『最後の一句』など全十二編を収録する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.05

読みたい

14

未読

24

読書中

3

既読

54

未指定

99

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください