天誅の剣

新潮文庫

八木 荘司

2021年8月30日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幕末師走。長州藩の志士山尾庸三と伊藤俊輔は、夜の九段坂で暗殺を決行した。義挙と信じていたが、改革派の村田蔵六から厳しく叱責される。翌年、二人は村田の助力で仲間と密航、ロンドンでその先進性に驚愕した!だが帰国してみると、世は守旧の激徒が暗躍し、村田の身にも危機がー。時は流れ、ハルビン駅頭。韓国併合に反対の伊藤は、凶弾に斃れた。“天誅”を主題に描く渾身の歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください