流域

新潮文庫

高橋治

1993年4月25日

新潮社

598円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

無名の新劇女優、千代岡華子は演出家・三井によって大役に抜擢された。公演終了後、三井は「君のために戯曲を書く」と約束する。若く才能豊かな演出家に惹かれた華子は、その言葉を信じて待ち続けたが、やがて哀しい真実を知る。そして傷つき帰った故郷には、華子を温かく見守り続ける男がいた…。四国・四万十川の豊かな自然を背景に、物語とノンフィクションを融合させた意欲作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください