真夏の死改版

自選短編集

新潮文庫

三島由紀夫

2010年11月30日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

著者自選による第二短編集。伊豆今井浜で実際に起った水死事故を下敷きに、苛酷な宿命とそれを克服した後にやってくる虚しさの意味を作品化した『真夏の死』をはじめ、文壇へのデビュー作ともいうべき『煙草』、レスビアニズム小説の先駆的な作品『春子』、戦後の少年少女の風俗に取材した作品等、短編小説の方法論と技術的実験に充ちた11編を、著者自身の解説を付して収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

8

未読

8

読書中

2

既読

13

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください