あめりか物語

新潮文庫

永井荷風

1951年6月30日

新潮社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「亜米利加に来てより余が胸裏には芸術上の革命漸く起らんとしつつあるが如し」-20世紀初頭の米国という文明のただ中で、若き荷風は文明そのものより、その暗黒面に深い感慨を寄せ、社会層の断面を活写する。この清新な旅行記の出現は、谷崎潤一郎、佐藤春夫らを鼓舞し力づけ、やがて耽美派と呼ばれる一大文学潮流の源ともなった。稀有なロマン主義者・荷風の、熱情形成の記録。新潮文庫20世紀の100冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください