東京23区物語

新潮文庫

泉麻人

1988年10月1日

新潮社

481円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

東京23区の成立から41年。その間、この都市はめまぐるしい変貌を遂げてきました。本書はそのような23区の歴史を解説しつつ、そこに暮らす人々の生態と、彼らを収容する街の姿を見つめる〈社会学書〉です。東京に代々住みついている人にも、遠くの土地から東京に流れてきた人にも、また上京を夢見ながら村の青年団の一員となっている人にも役に立つマジメな東京ガイドブックです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

NOB

最近古い本ばっかり読んでいます

starstarstarstar 4.0 2020年11月11日

この本も東京23区物語とはいえ、昭和の時代、都庁が新宿に来る前の話です。各区とも皮肉たっぷり、誉めてる点は、ほとんどなし。でも、あまり嫌味を感じず読むことができました。昔のことを思い出しながら、確かに池袋って怪しかったなぁとか。著者の生い立ちからか練馬区だけ妙に内容が濃い(ネタが多い)。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください