ボッコちゃん改版

新潮文庫

星新一

2012年2月29日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(20

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

25

未読

26

読書中

11

既読

180

未指定

129

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

starstarstar
star
3.5 2019年07月19日

星新一といえば、な作品。 自選集。 お気に入り作品 1.殺し屋ですのよ 看護師さんが死にそうな人を医師から聞きつけ、その人に恨みがある人に近づき、殺し屋を名乗り恨みがある人の代わりに殺してあげるという。 そして死んでから、お金をがっぽりもらう。 2.ボッコちゃん ボッコちゃんという名前のロボットの話。 バーの亭主が作ったボッコちゃん。 お酒を飲むことができるが、ロボットなので消化するのではなく、下のケースに溜まってしまう。 バーの亭主はボッコちゃんのケースに溜まったお酒をまた提供することを繰り返してた。 ある日、とある客がボッコちゃんに毒入りのお酒を飲ませ、それをケースから回収した亭主は別のお客さんに出す、、、 3.マネーエイジ なんでも、金貨銀貨が飛び交う世の中。 これまた面白い。 4.生活維持省 有名な作品。 臓器移植がテーマだとか。。。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください