眼の壁改版

新潮文庫

松本清張

2009年12月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

白昼の銀行を舞台に、巧妙に仕組まれた三千万円の手形詐欺。責任を一身に負って自殺した会計課長の厚い信任を得ていた萩崎は、学生時代の友人である新聞記者の応援を得て必死に手がかりを探る。二人は事件の背後にうごめく巨大な組織悪に徒手空拳で立ち向うが、せっかくの手がかりは次々に消え去ってしまう…。複雑怪奇な現代社会の悪の実体をあばき、鬼気迫る追及が展開する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.38

読みたい

5

未読

3

読書中

0

既読

17

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

taboke

(無題)

starstarstar 3.0 2020年01月12日

高木彬光の「白昼の死角」に名指しで出てくる。 それで読んでみた。白昼の死角の勝ち。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください