ポーツマスの旗

新潮文庫 よー5-14 新潮文庫

吉村 昭

1983年5月27日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本の命運を賭けた日露戦争。旅順攻略、日本海海戦の勝利に沸く国民の期待を肩に、外相・小村寿太郎は全権として、ポーツマス講和会議に臨んだ。ロシア側との緊迫した駆け引きの末の劇的な講和成立。しかし、樺太北部と賠償金の放棄は国民の憤激を呼び、大暴動へと発展するー。近代日本の分水嶺・日露戦争に光をあて交渉妥結に生命を燃焼させた小村寿太郎の姿を浮き彫りにする力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.02

読みたい

10

未読

9

読書中

1

既読

40

未指定

36

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

一気に読んだ

starstarstarstar
star
4.1 2018年10月07日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください