けものたちは故郷をめざす

新潮文庫

安部公房

1982年5月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ソ連軍が侵攻し、国府・八路軍が跳梁する敗戦前夜の満洲。敵か味方か、国籍さえも判然とせぬ男とともに、久木久三は南をめざす。氷雪に閉ざされた満洲からの逃走は困難を極めた。日本という故郷から根を断ち切られ、抗いがたい政治の渦に巻き込まれた人間にとっての、“自由”とは何なのか?牧歌的神話は地に墜ち、峻厳たる現実が裸形の姿を顕現する。人間の生の尊厳を描ききった傑作長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.1

読みたい

5

未読

1

読書中

2

既読

11

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

galo

故郷への道

starstarstar
star
3.1 2019年06月30日

荒々しく悲しい渇いた作品。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください