性的人間

新潮文庫

大江 健三郎

1993年1月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

7

未読

11

読書中

2

既読

19

未指定

29

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年07月20日

「セブンティーン」 芸術や文化は突き抜けた先に至高なものがあるが、思想は突き抜けるとただただ怖い。 「性的人間」 昔読んで感動した本。 性的でもエロティックな話でもない。 曖昧で虚妄な文化、芸術を粉砕せよ 突き抜けた彼方に真の芸術がある ーという強い作者のメッセージと私は受け取った。 不毛な文化人たち、国鉄、痴漢サークル。 これだけのネタで読者の胸に迫ってくるのは凄味を感じる。 詩人の青年が哀れで切ない。が、奇妙な美しささえも感じ、圧倒される。 厳粛な綱渡りという詩が読みたかった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください