朱夏の女たち(下巻)

新潮文庫

五木寛之

1990年3月1日

新潮社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

編集者の水尾高志に力づけられた七重は、文学賞への応募を決意する。一方、樹理は10年前のインド旅行の時のツアー・コンダクター中西透と再会し、新しい生活への第一歩を踏みだす。そして朋子は、年下の若い外車セールスマンとの火遊びから歯科医師の夫と別居し、樹理のコーヒー・ショップで働きはじめた…。〈朱夏〉の季節を生きる、熱く揺れ動く女たちの愛と自立を描く長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください