忍者からす

新潮文庫

柴田錬三郎

1997年12月1日

新潮社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

強靱な精神と類稀なる秘術を備えたその異形の相貌の忍者の名を「鴉」という。貴人、天才の血を加え、脈脈と受け継がれていく「鴉」の血。専横の将軍足利義教の弑逆、剣聖塚原卜伝の秘剣会得、町奴幡随院長兵衛の男意気、国定忠治の乱行渡世、それらすべての陰に「鴉」の血塗られた狂気の業があった。室町南北朝から江戸末期まで、五世紀にわたる天才忍者の暗躍を描く傑作伝奇小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください