関ヶ原(下巻)改版

新潮文庫

司馬遼太郎

2003年9月30日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天下取りの見果てぬ夢を追い求めて関ヶ原盆地に群れ集った10数万の戦国将兵たち…。老獪、緻密な家康の策謀は、三成の率いる西軍の陣営をどのように崩壊させたか?両雄の権謀の渦の中で、戦国将兵たちはいかにして明日の天下に命運をつなぎ、また亡び去ったのか?戦闘俯瞰図とも言うべき雄大な描写の中に、決戦に臨む武将たちの人間像とその盛衰を描く、波瀾の完結編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(27

starstarstarstar
star
4.09

読みたい

17

未読

33

読書中

2

既読

206

未指定

169

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年08月15日

物語は両軍関ヶ原集結から戦闘、小早川の裏切り、戦後処理、最後は黒田如水の痛恨でフィナーレ。作中、石田三成が小早川秀秋って、もともと上杉征伐に兵を率いて上洛したら、そのときに三成が蜂起してどうしようもなく西軍参加だから、どうなんだろう? この本ではどうしようもない人物として描かれているが、今ではいろいろな解釈があって面白い。この本はいろいろな歴史作家にとって教科書になったのだろうと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください