花神(上巻)改版

新潮文庫

司馬遼太郎

2002年6月30日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

周防の村医から一転して討幕軍の総司令官となり、維新の渦中で非業の死をとげたわが国近代兵制の創始者大村益次郎の波瀾の生涯を描く長編。動乱への胎動をはじめた時世をよそに、緒方洪庵の適塾で蘭学の修養を積んでいた村田蔵六(のちの大村益次郎)は、時代の求めるままに蘭学の才能を買われ、宇和島藩から幕府、そして郷里の長州藩へととりたてられ、歴史の激流にのめりこんでゆく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.98

読みたい

10

未読

12

読書中

4

既読

128

未指定

132

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

福田定一

花神(上)(中)(下) 読了

starstarstar
star
3.9 2021年08月30日

一個体の人間が歩んだ道のりで、これほど質素で淡々と歩いてきた割に、その道に残してきた影響が大きい人間は類をみない。 淡々としているために、この本の大部分がつまらなく感じるかもしれないが、すべて読み終わってからその人生を思い返すと興奮が冷めやらない。それこそ大村益次郎という人間を表現する。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2021年05月29日

少し長いし、話がよく飛ぶ

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2018年09月17日

少し長いし、話がよく飛ぶ

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください