胡蝶の夢 4

新潮文庫 新潮文庫

司馬 遼太郎

1983年12月27日

新潮社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

瓦解する幕府の海陸軍軍医総裁となった松本良順は、官軍の来襲とともに江戸を脱出し会津に向かう。他方、ともにポンペ医学を学んだ関寛斎も、官軍野戦病院長として会津に進軍し良順と対峙する。そして、激動のなかで何らなすところなく死んでゆく伊之助。徳川政権の崩壊を、権力者ではなく、蘭学という時代を先取りした学問を学んだ若者たちの眼を通して重層的に映し出した歴史長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.96

読みたい

1

未読

11

読書中

2

既読

27

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あまり

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2021年07月10日

戊辰戦争から明治維新後までの松本良順、伊之助、関寛斎。 この巻は説明文と余談が多くやや失速気味。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください