司馬遼太郎が考えたこと(2(1961.10〜1964.)

エッセイ

新潮文庫

司馬遼太郎

2005年1月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ

日本は高度経済成長時代を迎え、東京オリンピック開催に向けて国中が沸き立っていた。新聞社を辞め、職業作家として独立した司馬遼太郎は、『新選組血風録』『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』など、旺盛な創作活動を開始する。第2巻は、これら初期傑作の執筆余話のほか、「若い者は悪いか」「戦車と文明」等の時代と文明に関する論評、後年では稀となった身辺雑記など119篇を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

12

未指定

13

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください