三国志(3(草莽の巻))

新潮文庫

吉川英治

2013年2月28日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

董卓亡き後、またもや苦境に陥った帝を助けた曹操は、丞相となり朝廷で躍進。若き孫策は江東を平定し、小覇王と呼ばれるように。さらに淮南では、強大な勢力を誇る袁術が、自らを帝王と称しはじめる。翻弄される劉備の明暗やいかに!?栄華と混戦の第三巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.9

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

9

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

孫策登場

starstar
star
2.9 2017年09月11日

孫堅の息子の孫策登場 父以上の才覚をみせる 曹操も更に力をつける 呂布は相変わらず無鉄砲で、部下にそろそろ愛想尽かされそう 愛くるしい張飛、呂布と似てる 張飛のほうがまだ人情があっていい

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください