新・平家物語(5)

新潮文庫

吉川英治

2014年4月30日

新潮社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

伊豆に流されて十八年、源氏の嫡流・頼朝は、朝夕に念仏を唱え、経を書き写す日々を送っていた。頼朝と恋仲の北条時政の娘・政子には縁談が持ち上がるが、頼朝に与する土豪の若党たちは、婚礼の場から政子強奪に成功した。一方、都では、後白河法皇と、強訴を企てた延暦寺との対立が激化し、座主が追放される事態に…。僻〓(すう)の地で時至るを待つ頼朝と陰謀渦巻く京の都を描く第五巻・火乃国の巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください