新・平家物語(11)

新潮文庫

吉川英治

2014年10月29日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

怒涛の勢いで迫る木曾義仲を前に、平家は戦わずして、京を捨てることを決める。幼帝安徳、その母建礼門院、三種の神器を奉じた宗盛、時忠、教盛、維盛らは、再起を期し、西国に向う。平家を出し抜いた後白河法皇は、京に入った義仲に平家追討の院宣と「朝日将軍」の称号を与える。得意絶頂の義仲だが法皇は鎌倉の頼朝にも入洛を要請していた。平家一門の都落ちと義仲の入洛、策を巡らす法皇を描く第十一巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください