真田太平記(第5巻)改版

新潮文庫

池波正太郎

2005年1月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

肉親を次々と失い朝鮮出兵もうまくゆかず、豊臣秀吉は日に日に生気を失っていく。秀吉歿後をにらんで諸雄は動き始めるが、思いがけず秀頼が誕生したことで天下の行方は混沌となる。いったんは次の天下の主は徳川家康をおいて外にないと確信した真田昌幸であったが、「好きな男」秀吉の世継ぎに己れの命運を賭けようとして、徳川方から嫁をもらった長男・信幸との関係が微妙になる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

4

未読

9

読書中

0

既読

80

未指定

70

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください