真田太平記(第7巻)改版

新潮文庫

池波正太郎

2005年5月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

会津出陣中の徳川軍団から離れ、上田に帰った真田昌幸・幸村は、ただちに城の守りを固める。家康は息子秀忠に中山道をゆく第二軍を率いさせ、真田信幸に先陣を命ずる。秀忠軍四万を上田城に迎えうった真田父子は、様々な謀略を使ってこれを釘づけとし、ついに関ケ原の決戦に間に合わせなかった。真田父子が徳川軍の約半分を削いだにもかかわらず、結束のはかれぬ西軍は家康に敗れる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.58

読みたい

4

未読

9

読書中

0

既読

73

未指定

59

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください