真田太平記(第11巻)改版

新潮文庫

池波正太郎

2005年7月31日

新潮社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

和議休戦の翌日から、徳川安康はすべての参陣者を動員して外濠のみならず内濠までも埋め立てさせ、真田丸もまた破却されてしまう。幸村を取りこもうとする家康の計略により、信之(信幸改め)と幸村は京都で会見するが、幸村の家康の首を取るという信念はゆるがない。元和元年五月七日、裸城となった大坂城を打って出た幸村は、若き日の予感どおりに向井佐平次とともに戦場に倒れる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.48

読みたい

4

未読

10

読書中

0

既読

70

未指定

52

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください