堀部安兵衛(下巻)

新潮文庫

池波正太郎

1999年12月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「私は、いまこのときのために生まれ、生きてきたかのように思われます」。父の不運の理非を確かめたい一心で故郷を出奔して十一年。因果のめぐりあいに鍛えられ、多くの縁に導かれ磨かれた二十五歳の安兵衛は、恩人の助太刀に、全てを投げうち馳せつける。それはまた新たな運命の幕開けでもあったー高田の馬場の決闘と忠臣蔵の二大事件を疾けた、義士随一の名物男の、痛快なる一代記。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください