皇帝フリードリッヒ二世の生涯 下巻

新潮文庫

塩野 七生

2019年12月25日

新潮社

935円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

聖地イェルサレムを無血開城したにもかかわらず、法王に「キリストの敵」と名指されたフリードリッヒ。法治国家と政教分離を目指し、世界初の憲法ともいうべき文書を発表したが、政治や外交だけが彼の関心事ではなかった。人種を問わず学者を友とし、自らもペンを執って科学的書物をものした。「玉座に座った最初の近代人」とも評される、空前絶後の先駆者の烈しい生を描き尽くした歴史巨編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.81

読みたい

7

未読

10

読書中

2

既読

32

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Eugene

塩野七生さんと言う歴史文学者

starstarstar
star
3.6 2020年02月21日

全文、読み終える。 上巻で少し書いたが、やはり塩野さんの稀有壮大な作品には、圧倒されるところがある。 個人が主人公の場合、哀しく、虚しい、と表現できる結末が、いつも気になる。 今回も同様。 「ローマ人の物語」も、各巻とも、’人’を書いて、紡がれていく。 ふと、一時期を除いた司馬遼太郎さんを連想した。 最後に、塩野さんのものを、全くの歴史として受け取られてしまった方が、僕の周囲にちらほらいるが、どうかと思う。 あくまでも「歴史文学」「歴史小説」の一つだと、視ていただきたい。 Eugene

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください