ローマ人の物語 11 ルビコン以後 上

新潮文庫

塩野 七生

2004年10月31日

新潮社

649円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

軍の即時解散と帰国を命ずる「元老院最終勧告」を突きつけられたカエサルは、国賊と呼ばれるのを覚悟で、自軍とともにルビコンを越える。「カエサル渡河、南進中」との報はローマを震撼させ、ポンペイウスと「元老院派」議員の多くが首都ローマを脱出する。間もなくカエサルはイタリア半島を掌握。ポンペイウスはギリシアで迎撃に備える。ローマ世界全域で、両雄の覇権をめぐる戦いの火蓋が切られようとしていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

3

未読

13

読書中

0

既読

57

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください