終わりの始まり 上

ローマ人の物語 29

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2007年9月30日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

2世紀後半、五賢帝時代の最後を飾る皇帝マルクス・アウレリウスが即位した。弟ルキウスを共同皇帝に指名した彼に課されたのは、先帝たちが築き上げた平和と安定を維持することであった。だがその治世は、飢饉や疫病、蛮族の侵入など度重なる危機に見舞われる。哲学者としても知られ賢帝中の賢帝と呼ばれた彼の時代に、なぜローマの衰亡は始まったのか。従来の史観に挑む鮮烈な「衰亡史」のプロローグ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

45

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください