最後の努力 中

ローマ人の物語 36

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2009年9月30日

新潮社

473円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

紀元305年、ディオクレティアヌスが帝位から退き、新たに指名された四人の皇帝による第二次四頭政がはじまる。しかし、その後六人もの皇帝が乱立。その争いは内乱の様相を呈する。激しい政治闘争と三度の内戦ののちに勝ち残ったのは、東の正帝リキニウスと、のちに大帝と呼ばれることになる西のコンスタンティヌス。二人は共同で「ミラノ勅令」を発布し、一神教であるキリスト教を公認した。こうしてローマの良き伝統は跡形もなく崩れ去った。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.9

読みたい

3

未読

7

読書中

0

既読

49

未指定

55

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください