ローマ亡き後の地中海世界(3)

海賊、そして海軍

新潮文庫

塩野七生

2014年8月28日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

北アフリカから到来するイスラムの海賊による侵攻が激しさを増すなか、マホメッド二世率いるトルコ軍の猛攻の前に、ビザンチン帝国の首都コンスタンティノープルが陥落。さらにトルコは海賊を自国の海軍として吸収し、攻勢をますます強める。キリスト教連合国はアンドレア・ドーリアを総司令官に擁立。事態は地中海世界全域を巻き込んだパワーゲームの様相を呈することとなった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.07

読みたい

5

未読

12

読書中

0

既読

36

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください