かずら野

新潮文庫

乙川優三郎

2006年10月31日

新潮社

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

足軽の娘・菊子は、十四歳で大店に奉公に出されるが、その実、主人の妾として売られたのだった。彼女は絶望し死を覚悟するが、若旦那・富治が父を殺す場に居合わせたため、二人で出奔する破目にー。関宿、深川、行徳…かりそめの夫婦として、菊子は真摯に生きた。富治の不実に堪えて。だが、一度狂った運命には逆らえず、流浪の果てに二人は銚子へ流れ着く。著者の真骨頂、感動の時代長篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

3

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください