豪姫

新潮文庫

富士正晴

1991年4月1日

新潮社

385円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

利休自害の後、秀吉から茶頭に任じられた反骨の大名茶人・古田織部の鬱を散じてくれたのは、前田利家の四女で剛毅奔放の美女・豪姫と、根っからの自由人である庭番ウスの存在だった。めまぐるしく変転する政情のもと、三人は思わぬ運命をたどるが、その鮮やかな生きざまは、ひときわ異彩を放った。現代人の心に風穴をあける、雄渾闊達な戦国歴史絵巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.8

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください