ワシントン封印工作

新潮文庫

佐々木譲

2000年12月1日

新潮社

900円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日米開戦直前、ワシントンの日本大使館ー。人手不足で臨時雇用されたコロンビア大医学留学生、大竹幹夫は、22歳の日系人女性タイピスト、ミミ・シンプソンに一目惚れする。だが、実は、ミミは米国務長官補佐官ホルブルックが大使館の動きを探るため、潜入させたスパイだった…。一触即発の和平交渉の裏で進む諜報活動と、愛の三角関係をスリリングに描く外交ミステリ長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

24

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2019年03月07日

日米開戦直前、ワシントンの日本大使館―。人手不足で臨時雇用されたコロンビア大医学留学生、大竹幹夫は、22歳の日系人女性タイピスト、ミミ・シンプソンに一目惚れする。だが、実は、ミミは米国務長官補佐官ホルブルックが大使館の動きを探るため、潜入させたスパイだった…。一触即発の和平交渉の裏で進む諜報活動と、愛の三角関係をスリリングに描く外交ミステリ長編。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください