食う寝る坐る永平寺修行記

新潮文庫

野々村馨

2001年8月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

その日、僕は出家した、彼女と社会を捨ててー。道元が開いた曹洞宗の本山・永平寺。ひとたび山門を潜れば、そこは娑婆とは別世界。東司(トイレ)にも行鉢(食事)にも厳格な作法がある。新入りは、古参僧侶に罵倒され、規矩を徹底的に叩き込まれる。さらに坐禅に日々打ち込んだ末、30歳の著者が会得したものはなにか?雲水として修行した一年を描いた体験的ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

4

未読

4

読書中

0

既読

34

未指定

17

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

野々村馨「食う寝る坐る永平寺修行記」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください