なぜ君は絶望と闘えたのか

本村洋の3300日

新潮文庫 新潮文庫

門田 隆将

2010年9月30日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

1999年、山口県光市で、23歳の主婦と生後11カ月の乳児が惨殺された。犯人は少年法に守られた18歳。一人残された夫である本村洋は、妻子の名誉のため、正義のため、絶望の淵から立ち上がって司法の壁に挑む。そして、彼の周囲には、孤高の闘いを支える人々がいた。その果てに彼が手にしたものとは何だったのか。9年に及ぶ綿密な取材が明らかにする一人の青年の苦闘の軌跡。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

6

未読

2

読書中

0

既読

12

未指定

88

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

門田隆将「なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください