その時殺しの手が動く

引き寄せた災、必然の9事件

新潮文庫

新潮45編集部

2003年6月30日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「まさか、自分が被害者になろうとは」女は、男は、そして子は、何故に殺められたのか。その「手」は次に、誰の背後に下りるのか…。焼殺、絞殺、刺殺に射殺。刹那見る血塗られた結末は、定められた運命なのか。それとも「私」が呼んだのか。今し方までの笑みがぷつりと途絶えた時、市井の人が奈落に落ちるー。誰をも襲う惨劇、現代の狂気を描くノンフィクション集。好評シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstar
star
2.9

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

18

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください