暗幕のゲルニカ

新潮文庫

原田 マハ

2018年6月28日

新潮社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ニューヨーク、国連本部。イラク攻撃を宣言する米国務長官の背後から、「ゲルニカ」のタペストリーが消えた。MoMAのキュレーター八神瑶子はピカソの名画を巡る陰謀に巻き込まれていく。故国スペイン内戦下に創造した衝撃作に、世紀の画家は何を託したか。ピカソの恋人で写真家のドラ・マールが生きた過去と、瑶子が生きる現代との交錯の中で辿り着く一つの真実。怒涛のアートサスペンス!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(47

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

76

未読

38

読書中

21

既読

293

未指定

169

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

楽園のカンヴァス好きなら絶対好き

starstarstarstar
star
4.1 2019年10月13日

これぞ原田マハ! ゲルニカを中心にピカソの時代と現代?を行き来し、 一度読んだら止まらない小説。 フィクションなのにノンフィクション。 戦争のない世界を目指すため、芸術で闘う人たちの物語。 ゲルニカを観に行きたくなった。

全部を表示

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年07月29日

めっちゃ面白いです! 過去と現在の描写が同時に侵攻されていて、 歴史が好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか? 久々にドキドキしました!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください