巨眼の男西郷隆盛(中巻)

新潮文庫

津本陽

2006年8月1日

新潮社

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本を革命へと導いたのは、この男だった。幕府による長州征伐に、薩摩藩兵を率いて出陣した西郷。事態を打開する力を無くした幕府の姿を目の当たりにして、倒幕の思いを秘める。そして、佐幕派、攘夷派が一触即発の状態にある上方で、土佐脱藩坂本龍馬の仲介により、ついに宿敵長州と盟約を結んだ。大政奉還、倒幕挙兵、江戸開城と、一気に時代は動き、西郷は維新を成し遂げる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください