7月24日通り

新潮文庫 新潮文庫

吉田 修一

2007年5月29日

新潮社

506円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

地味で目立たぬOL本田小百合は、港が見える自分の町をリスボンに見立てるのがひそかな愉しみ。異国気分で「7月24日通り」をバス通勤し、退屈な毎日をやり過ごしている。そんな折聞いた同窓会の知らせ、高校時代一番人気だった聡史も東京から帰ってくるらしい。昔の片思いの相手に会いに、さしたる期待もなく出かけた小百合に聡史は…。もう一度恋する勇気がわく傑作恋愛長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.81

読みたい

10

未読

2

読書中

0

既読

64

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年09月03日

もっと前に読みたかったなぁ

全部を表示

Eugene

ポルトガルの海

starstar
star
2.8 2020年02月11日

闇のなかを風が吹き荒び 大きな音がいつまでも続く 僕にはできない 思考をやめることだけは (フェルナンド・ペソア詩選「ポルトガルの海」より) 主人公 本田小百合が、ひょんな契機で手に取った詩集。 小百合が、夢見るリスボンの街。 海岸縁に、飛び交う’白き’カモメ。 水平線の上に拡がる空青色。 港の岸壁沿いに落とされたアゲハ蝶の身体。 ・・・・・ 吉田修一さんの作品の或る部分は、主人公の心理描写が、鈍く横たわる。 私小説の皮切りを思わせる。 家族の、友人達のリレーションが、出てきて舞台廻しを始める。 サマーセット・モームの出だしを思い起こさせる。 小百合は、周囲の状況を理解しつつ、自分の立ち位置の動きに、戸惑い迷う。 07年の吉田さんの芥川賞に、当然と思いつつ、中間小説としての展開に、我々は、立ち竦む。 Eugene

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください