きのね(上巻)

新潮文庫

宮尾登美子

1999年4月30日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

上野の口入れ屋の周旋だった。行徳の塩焚きの家に生れた光乃は、当代一の誉れ高い歌舞伎役者の大所帯へ奉公にあがった。昭和八年、実科女学校を出たての光乃、十八歳。やがて、世渡り下手の不器用者、病癒えて舞台復帰後間もない当家の長男、雪雄付きとなる。使いに行った歌舞伎座の楽屋で耳にした、幕開けを知らす拍子木の、鋭く冴えた響き。天からの合図を、光乃は聞いた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

15

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ケムケム

久々の宮尾登美子を読んでいる

starstarstarstar
star
4.5 2020年07月24日

作品の半分を読了。 これから下巻を読む。 宮尾登美子の作品は、変わらず胸を打つ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください