最愛の人たち

新潮文庫

片岡義男

1992年10月1日

新潮社

426円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

川島は写真家。後藤は作家。二人は幼なじみの親友同士。川島は恵子という年上の美しい女性に、後藤は映画女優の芙美子に、それぞれ強く影響されている。ある夏の日に見つかった未開封の手紙と一枚の写真をきっかけに、時を経て四人の新しい物語が始まった…。永遠の恋人としてお互いに惹かれあいながらも、ありふれた恋愛を超えて大人の男女の愛を作り上げた、書下ろし長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください