ドナウの旅人 上

新潮文庫 みー12-3 新潮文庫

宮本 輝

1988年6月29日

新潮社

935円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

夫を捨てて、突如出奔した母・絹子。「ドナウ河に沿って旅をしたい」という母からの手紙を受け取った麻沙子は、かつて五年の歳月を過ごした西ドイツへと飛ぶ。その思い出の地で、彼女は母が若い男と一緒であることを知った。再会したドイツの青年・シギィと共に、麻沙子は二人を追うのだが…。東西ヨーロッパを横切るドナウの流れに沿って、母と娘それぞれの愛と再生の旅が始まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.73

読みたい

4

未読

0

読書中

0

既読

34

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

あおたん

美しい

starstarstarstar 4.0 2020年01月22日

宮本輝は、中学生の頃に「錦繍」を読んでものすごく泣けて、以来の読書。 本編は上・下巻に分かれる長編。 ドナウ川に沿って旅をしていく物語。 愛とは、生きるとは、人間とは、とつくづく考えさせられる。 情景描写はとにかく美しくて、ドナウ川や流れている各国に旅してみたくなる。 上巻でかなり話が進んだ感じがするが、下巻ではどんな進展と結末が待っているんだろう?!ワクワク。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください