流転の海

新潮文庫 みー12-50 新潮文庫

宮本 輝

2005年6月30日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

敗戦から2年目、裸一貫になった松坂熊吾は、大阪の闇市で松坂商会の再起をはかるが、折も折、妻の房江に、諦めていた子宝が授かった。「お前が20歳になるまでは絶対に死なん」熊吾は伸仁を溺愛し、その一方で、この理不尽で我侭で好色な男の周辺には、幾多の波瀾が持ち上った。父と子、母と子の関係を軸に、個性的な人間たちの有為転変を力強い筆致で描く、著者畢生の大作第一部。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstarstar
star
4.31

読みたい

11

未読

6

読書中

0

既読

70

未指定

80

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

オレひょう

大作

starstarstar
star
3.6 2019年06月09日

宮本輝は好きな小説家のひとりなので、この大作を読んでみようと思い手に取った。ハチャメチャな熊後

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください