おとなの味

新潮文庫 新潮文庫

平松 洋子

2011年3月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

泣ける味、待つ味、吸う味、消える味。食材と調味料の足し算では掬いきれない、新しい味覚が開かれるとき、その裏には流れる四季と人との出会いがある。上機嫌の父がぶら下げた鮨折りで知った心地よく鼻に抜けるわさびの辛み。煮る炒めるのひと手間で、鮮やかに変貌する古漬けたくあんの底力…。時の端々で出会った忘れられない味の記憶に、美しい言葉を重ねた至福の味わい帖。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstar
star
2.5

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

3

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください