看守眼

新潮文庫

横山秀夫(小説家)

2009年9月30日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

刑事になるという夢破れ、留置管理係として職業人生を閉じようとしている、近藤。彼が証拠不十分で釈放された男を追う理由とは(表題作)。自叙伝執筆を請け負ったライター。家裁調停委員を務める主婦。県警ホームページを管理する警部。地方紙整理部に身を置く元記者。県知事の知恵袋を自任する秘書。あなたの隣人たちの暮らしに楔のごとく打ち込まれた、謎。渾身のミステリ短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstar
star
3.4

読みたい

2

未読

14

読書中

2

既読

131

未指定

98

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

横山秀夫「看守眼」

--
0
2019年12月27日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

短編集

starstarstarstar 4.0 2021年06月24日

本のタイトルにもなっている最初の「看守眼」が一等面白い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください