反哲学入門

新潮文庫

木田元

2010年5月28日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「形而上学」「私は考える、ゆえに私は存在する」「超越論的主観性」-。哲学のこんな用語を見せられると、われわれは初めから、とても理解できそうにもないと諦めてしまう。だが本書は、プラトンに始まる西洋哲学の流れと、それを断ち切ることによって出現してきたニーチェ以降の反哲学の動きを区別し、その本領を平明に解き明かしてみせる。現代の思想状況をも俯瞰した名著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.33

読みたい

7

未読

9

読書中

6

既読

21

未指定

62

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください