自覚

隠蔽捜査5.5

新潮文庫

今野 敏

2017年4月28日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

畠山警視は実技を伴うスカイマーシャルの訓練中、壁に直面する。彼女は共に難事件を乗り越えた竜崎に助言を求めた(「訓練」)。関本刑事課長は部下戸高の発砲をめぐり苦悩した。そこで竜崎の発した一言とは(表題作)。貝沼副署長、久米地域課長、伊丹刑事部長。彼らが危機の際に頼りにするのは、信念の警察官僚、大森署署長竜崎伸也だったー。七人の警察官の視点で描く最強スピン・オフ短篇集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstar
star
3.88

読みたい

17

未読

10

読書中

0

既読

197

未指定

150

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Eugene

「隠蔽捜査」

starstarstarstar 4.0 2019年10月03日

今野敏さんの飽きるところは、同じプロットを、手を変え品を変え、(表現は悪いが)弄くり回す様に見える点、と感じる。 そんな今野さんの豊穣な作品中で、こちらの竜崎伸也シリーズは、飽きが来ない。 今、こちらに挙げた「隠蔽捜査5.5 自覚」は、そんな好感を持てるこのシリーズの中で今のところ、「隠蔽捜査3.5 初陣」と共に"スピンオフ"な短編集。 様々なキャラクター(今は'キャラ'と言うのかな?)が、案出されているのが分かる。 中で、今野さん自身も自覚されているだろう(妙齢の)女性が、目を引く。 「隠蔽捜査3 疑心」で、デビューした畠山美奈子。 おっ、と言うところだが、この美奈子嬢、こちらの組織の方だけあって、なかなか正統派の[硬派]。 読者のイメージ能力を、いやがおうにも掻き立てる。 さて、既に既刊のものを、読み返し、気になった巻をピックアップしていこうかと思う。 竜崎伸也と言うキャラクターを次回は分析してみよう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2018年03月04日

安定の竜崎署長シリーズ。安心して読めるし、キャラが立っていておもしろい。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2017年05月15日

安定の竜崎署長シリーズ。安心して読めるし、キャラが立っていておもしろい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください