小さいときから考えてきたこと

新潮文庫

黒柳徹子

2004年7月31日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ

授業中にちっともじっとしていられなくて、どうやらLD(学習障害)だった(?)子供時代。ロボット犬グレーちゃんとの愉快なテレビ出演、沢村貞子や渥美清等かけがえのない人々との出会い、そしてユニセフの親善大使としてコソボやアフガニスタンの子供たちに出会ったときのこと。どんなときも「ほんとうの幸せ」を考えてきたトットちゃんの言葉が心にあたたかく響くエッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

0

未読

1

読書中

3

既読

12

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください