僕はいかにして指揮者になったのか

新潮文庫

佐渡裕

2010年9月30日

新潮社

572円(税込)

エンタメ・ゲーム / 文庫

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になる」-小学校の卒業文集に書いた夢を、佐渡裕はついに現実のものとする。指揮者としての正式な教育を受けていない自称「音楽界の雑草」が、なぜ巨匠バーンスタインに可愛がられることになったのか。「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや!」という師の言葉を胸に、世界中の名門オーケストラで指揮棒を振る男の人生讃歌。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

20

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

文庫本の解説にある通り 冒険大活劇だ。会社帰りの湘南新宿ラインから家に着くまでに一気読み。 兎に角、読んでいると佐渡さんの元気が溢れていて、読んでいるだけで、何故か元気になっていく。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください