ちょうちんそで

新潮文庫

江國香織

2015年5月28日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

いい匂い。あの街の夕方の匂いー。些細なきっかけで、記憶は鮮明に甦る。雛子は「架空の妹」と昔話に興じ、そんな記憶で日常を満たしている。それ以外のすべてーたとえば穿鑿好きの隣人、たとえば息子たち、たとえば「現実の妹」-が心に入り込み、そして心を損なうことを慎重に避けながら。雛子の謎と人々の秘密が重なるとき、浮かぶものとは。心震わす“記憶と愛”の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.17

読みたい

6

未読

7

読書中

0

既読

49

未指定

34

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください